このページの本文へ移動
東京消防庁首都東京を守る消防団>消防団って何?
消防団って何?

 「消防団」という言葉は知っていても、実際にどんなものなのか、どんなことをしているのか知らないという人もいるのではないでしょうか。
 消防団は実はこんなにたくさんの顔を持っているのです。

消防署と同じ消防機関

 消防団は消防署と同じ消防機関です。
 消防署は常備の消防機関であるのに対し、消防団は、平素は生業を持っている住民が、火災・風水害・震災時に消防団員となり消防活動を行う非常備の消防機関です。

二足のわらじ?

 本来の仕事や学業・家事などをしながら、消防団員として活動をしています。
 ですから、朝の通勤電車で隣に座ったサラリーマンや、コンビニエンスストアのレジのお姉さん、商店街の魚屋のおじさんも、もしかしたら消防団員かもしれません。

消防署と同じ消防機関

 消防団員は公務員です。ただし、非常勤であるため特別職の地方公務員となります。
 災害活動においては公的な活動をすることから消防団員としてなすべきこと、守らなければならないことなどが条例、規則等で定められています。

地域に根ざした活動

 その地域に住んでいる住民であるからこそ、勤務している従業員であるからこそ、分かることがあります。
 混乱した災害の場においてはその貴重な情報が生かされます。
 消防団員は地域と消防との重要なパイプ役を担っています。

入団資格は・・・

 18才以上の健康な方であれば男女問わず入団することができます。
 お住まいの地域、勤務している事業所を管轄している消防団に入団できますので、最寄りの消防署・消防団本部へお問い合わせください。

消防署一覧

特技を生かせる場

 仕事上の資格が生かせる、それが特殊技能団員という制度です。
 医師や看護師の場合は「医療」、建設会社などでフォークリフトなどの重機を操作している場合は「重機操作」、など4区分あり、さまざまな場面で特技が発揮されています。