このページの本文へ移動

ボランティア通信

【第57号】
将来の地域防災の担い手の育成
高輪・志村・小岩消防ボランティア
【高輪消防ボランティア】

自分たちの街の地域特性を把握するため、高輪消防少年団とともに防災マップづくりを実施しました。

消防少年団との交流や防災知識の習得を目的として、消防水利や防災に関する施設などを確認しながら、ボランティアとして培われてきた知識を、少年団員と一緒に再確認し、「消防少年団と連携した活動により、より良い、地域での防災活動が進められる。」と交流を深めることが出来ました。

高輪消防ボランティア 高輪消防ボランティア
 
【志村消防ボランティア】

子どもデイキャンプで応急救護を指導しました。この子どもデイキャンプは、中学生を取り込んだ青少年健全育成事業として、小学生とその保護者を対象に、防災意識の向上を図り、地域に貢献する人材を育成する目的で、板橋区青少年健全育成中台地区委員会が主催し、板橋区、志村消防署、いたばし総合ボランティアセンターが協力して実施する行事です。

中学生をグループリーダーとして、小学生やその保護者と、複数世代を対象とした防火防災訓練としての意義も高いので、ボランティアの指導にも熱が入っていました。

志村消防ボランティア 志村消防ボランティア
 
【小岩消防ボランティア】

小岩消防少年団との連携により防災マップを作成しました。日頃は消防職員の指導により各種訓練を実施していますが、防災マップづくりのために街を調査するときには、消防少年団員5、6名にボランティア1、2名が1つのグループとなり、道路や消防水利などを確認していきました。

誰が見てもわかりやすいマップづくりをモットーに、少年団員とボランティアと意見交換しながら作成し、今後の地域防災活動に役立てたいと自分たちの住む街を再確認していました。

小岩消防ボランティア 小岩消防ボランティア