このページの本文へ移動

ボランティア通信

【第52号】
AEDによる救命処置により消防総監感謝状
荻窪消防ボランティア
AEDによる救命処置により消防総監感謝状
消防総監感謝状贈呈

平成26年3月7日(金)に、荻窪消防ボランティアの登録者に対し消防総監感謝状が贈呈されました。

この荻窪消防ボランティアの方は、体育館でスポーツの大会に参加中、心肺停止状態に陥った傷病者に対して、居合わせた3名の方と協力し、胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAED(自動体外式除細動器)による救命処置を実施して、消防隊が到着する前に呼吸脈拍を回復させることができました。

日ごろから荻窪消防ボランティアとして積極的に活動に参加しており、「ボランティアでの訓練成果が出たのか、自分でも驚くほど落ち着いて対応することができました。」と日々の訓練が功を奏し、応急手当の知識・技術の必要性を実感していました。

(ホームページ上に掲示のため、個人名は掲載していません。)