このページの本文へ移動

ボランティア通信

【第51号】
地域防災力向上のため都民指導に力を入れています
蒲田・目黒・城東・東村山消防ボランティア
【蒲田消防ボランティア】
三角巾による止血法の展示指導
三角巾による止血法の展示指導

地域特性に応じた町会・自治会の防災訓練において、蒲田消防ボランティアが応急救護訓練を指導し、大田区長も視察されました。

 
【目黒消防ボランティア】

小学校の校庭で行われた防災訓練において、消防団と共に地域の防災リーダーとして活動している目黒消防ボランティアが参加した発災対応型訓練を実施しました。訓練では地域住民をリードし、参加した子どもたちは顔見知りの近所の大人の人たちがボランティアとして活躍していることに驚きと親しみ感じ、顔の見える関係でお互いに声を掛け合いながら安心して訓練に取組んでいました。

目黒消防ボランティア
子どもたちに消火指導 発災対応型訓練
 
【城東消防ボランティア】
城東消防ボランティア

地域の防災リーダーとして、城東消防ボランティアの都民指導技術の向上を図るため、防火防災指導の訓練と合わせて効果測定を実施しました。効果測定後には城東消防署が独自に作成した訓練指導技術認定証を交付しました。

防火防災訓練指導の時にはこの認定証を確認して、個々の能力に応じた訓練指導の任務分担を効果的、効率的に行うことができます。

城東消防ボランティアの方々は、「今後の活動の励みになり、訓練の目標もできました。」とボランティア活動へのモチベーションをより高めました。

訓練指導技術認定証
 
【東村山消防ボランティア】

地域の消防防災イベントにおいて、東村山消防ボランティアは応急救護訓練指導を担当しました。応急救護訓練コーナーでは、ボランティア手作りの「チェーン・オブ・サバイバル」マークも展示して普及啓発も図りました。指導したボランティアは、「積極的な質問も多くあり、AEDの普及が進んで地域の方々の応急救護に対する意識も高くなっている。」と指導のやりがいを感じていました。

応急救護訓練指導 応急救護訓練指導
応急救護訓練指導 応急救護訓練指導