このページの本文へ移動

ボランティア通信

【第47号】
防災とボランティア週間での各種活動
蒲田・京橋・麻布・目黒・四谷・石神井・荒川・千住
武蔵野・東村山・狛江・清瀬・青梅消防ボランティア
               
【蒲田消防ボランティア】

ボランティア活動功労等に対する防災部長感謝状の伝達式と本所防災館での都市型水害体験訓練等の各種体験訓練を実施しました。

活動功労等防災部長感謝状伝達
活動功労等防災部長感謝状伝達
都市型水害体験訓練
都市型水害体験訓練
 
【京橋消防ボランティア】

消防署での中学生の職場体験において、応急救護指導と救助訓練を合同で実施しました。

応急救護指導
応急救護指導
暗所救助訓練
暗所救助訓練
 
【麻布消防ボランティア】

ボランティア会議と本所防災館での防災体験ツアーに参加しました。

スタンドパイプ消火訓練
スタンドパイプ消火訓練
暴風雨体験訓練
暴風雨体験訓練
 
【目黒消防ボランティア】

ボランティア会議では、東京都大島町の土砂災害現場に派遣された目黒特別救助隊員が講話し、災害現場活動で大切なことは消防装備はもちろん、長期の活動となる場合には着替え、衛生用品などの生活用品の準備や後方支援活動の必要性について話を聴きました。その後は模擬消火栓を活用してスタンドパイプによる消火と後方支援活動の訓練を実施しました。

目黒救助隊員講話
目黒救助隊員講話
後方支援活動訓練
後方支援活動訓練
模擬消火栓を活用したスタンドパイプ消火訓練模擬消火栓を活用したスタンドパイプ消火訓練
模擬消火栓を活用したスタンドパイプ消火訓練
 
【四谷消防ボランティア】

消防署隊からの活動支援に応じてチーム編成、支援活動の一連をボランティアで考えながら活動する、ブラインド型の活動訓練を実施しました。各ボランティアが相互に連携して、個人の技術の向上及びチームワークの醸成を図るとともに、チーム活動で「自分ができることとできないこと」を把握しました。

参加したボランティアからは、「定期的な訓練で各資器材の取扱要領は頭ではわかっているつもりだが、状況に応じて判断して活動するのとでは全然違い、今後の新たな課題が見えました。」との声がありました。

チームで連携した活動訓練 チームで連携した活動訓練
チームで連携した活動訓練
 
【石神井消防ボランティア】

石神井消防署では町会、社会福祉施設及び石神井消防ボランティアが連携して、まちかど防災訓練を含む複合防災訓練を実施しました。自助及び共助の視点から災害時要援護者対応を取り入れた訓練、応急担架作成・搬送訓練、応急救護訓練、スタンドパイプによる初期消火訓練などを実施して、ボランティアの方々が訓練の指導支援を行い、地域に密着した有意義な訓練でした。

消火栓を使用したスタンドパイプの取扱訓練
まちかど防災訓練での
スタンドパイプ消火訓練指導
消火栓を使用したスタンドパイプの取扱訓練
災害時要援護者自身の
防災行動力向上を目的とした訓練指導
応急救護指導
応急救護指導
応急担架で搬送訓練
応急担架作成及び搬送訓練指導
 
【荒川消防ボランティア】

管内の駅と大規模物品販売店舗などの4ヵ所で消防団、災害時支援ボランティアの一斉募集広報活動を実施しました。駅では帰宅途上の地域の方々に対して積極的に広報したところ後日新たに18名が登録され、「みなさんと一緒に地域の安全安心のため頑張ります。」と心強い言葉をいただきました。

荒川消防ボランティア
 
【千住消防ボランティア】

本所防災館で防災体験ツアーに参加し、「いろいろな体験を通じて災害の恐ろしさを再認識しました。災害はいつ起きるかわからないので、だからこそ普段からの備えが必要であり、いざとなったときにはボランティアとして今まで学んできたことを落ち着いてできるように訓練を続けていきたい。」と気持ちも新たに決意を語っていました。

本所防災館で体験訓練
企画展見学
本所防災館で体験訓練
消火コーナーでの説明に聞き入る
 
【武蔵野消防ボランティア】

署ボランティア会議と防災まちあるき、スタンドパイプの取扱訓練を実施しました。防災まちあるきでは防災マップを作成して、自分たちの町の防災について再認識することができました。

スタンドパイプ取扱訓練
スタンドパイプ取扱訓練
ボランティア会議
ボランティア会議
防災まちあるき&防災マップ作り 防災まちあるき&防災マップ作り
防災まちあるき&防災マップ作り
 
【東村山消防ボランティア】

災害時支援ボランティア活動功労等表彰と東村山消防少年団との合同訓練を実施し、消防少年団員に対し応急救護指導を実施しました。「これからの地域防災の担い手である若い世代を育てていくことが大切。」と意義のある訓練でした。

活動功労等表彰
活動功労等表彰
応急救護指導
応急救護指導
【狛江消防ボランティア】

初めての試みとして、居住地に応じた参集訓練を取入れ、居住地別にそれぞれ本署・出張所に参集し、震災用資器材の常置場所の確認や消防隊の活動と連携するため、消防隊が応急はしごで救出してきた要救助者をボランティアが搬送支援したりと、相互のコミュニケーションの必要性を再認識しました。出張所では所員と顔の見える関係を築くことができ、署所とボランティアの団結がさらに強固なもととなりました。ボランティア会議では毎回資料に防災知識を掲載して、創意工夫を凝らしています。

初期消火訓練
初期消火訓練
狛江消防ボランティア 消防隊と連携した救助救出訓練
消防隊と連携した救助救出訓練
ボランティア会議と資料の防災知識
ボランティア会議と資料の防災知識
【清瀬消防ボランティア】

ボランティア活動功労等に対する表彰式と文化財防火デーの消防演習に参加し、寺院の自衛消防隊と連携して屋外消火栓での初期消火支援活動と応急救護を実施しました。

ボランティア活動功労等表彰
ボランティア活動功労等表彰
文化財防火デーの消防演習参加 文化財防火デーの消防演習参加 文化財防火デーの消防演習参加
文化財防火デーの消防演習参加
【青梅消防ボランティア】

青梅市の防災講演会の聴講とボランティア活動功労等表彰とボランティア会議を実施しました。防災講演は元小千谷市消防長の風間氏が「災害に負けない地域づくり」という演題で、ボランティアも熱心にメモととったり耳を傾けていました。後日の文化財防火デーに伴う消防演習では、平日にもかかわらず、地域の尊い文化財を守るという高い意識を持って参加し、傷者の搬送支援など消防隊と連携し実践的な訓練を実施しました。

ボランティア活動功労等表彰
ボランティア活動功労等表彰
文化財防火デーの消防演習参加
文化財防火デーの消防演習参加

東京消防庁災害時支援ボランティア合同訓練

消防学校において、リーダー、コーディネーターを対象とした合同訓練を実施しました。約80名が参加し、東京消防庁防災参事の講義後、チーム編成やボランティアリーダーの選出及びチームミーティングを行い、午後に消防隊と連携した消火・救助支援訓練を実施しました。

講義
講義
事前チームミーティング
事前チームミーティング
消火支援訓練
消火支援訓練
連携した消防隊と事後ミーティング
連携した消防隊と事後ミーティング
救助活動支援訓練
救助活動支援訓練
担架搬送
担架搬送