東京消防庁インフォメーション東京消防庁災害時支援ボランティア募集ボランティア通信>ボランティア通信第40号 

ボランティア通信

【第40号】
ボランティアの個々の知識・技術を活かして講習会を実施
城東消防ボランティア

【城東女性防災リーダーに対する防火防災指導講習会】

災害時支援ボランティアとして培った防火防災指導技術を活かして指導者となり、町会・自治会を代表する女性防災リーダーの方々に対して、計3回(本署地区、東砂地区、大島・砂町地区)、延べ98名に、防火防災指導要領の講習会を実施しました。

災害時支援ボランティア自らの指導技術の向上が図られるとともに、女性防災リーダーを通じて、町会・自治会とお互いに顔の見える関係となり、地域の防災力向上の連携を図れることとなりました。

     
講習会に先立ち自己紹介
講習会に先立ち自己紹介
毛布と竿で応急担架作成
毛布と竿で応急担架作成
災害時要援護者用避難支援資器材取扱い災害時要援護者用避難支援資器材取扱い
災害時要援護者用避難支援資器材取扱い
スタンドパイプ取扱い
スタンドパイプ取扱い
消火器による初期消火
消火器による初期消火

【手話講習会】

城東消防ボランティアで手話ができる方から、手話でのコミュニケーションを学ぶため、城東消防ボランティア6名、城東女性防災リーダーの会22名と職員7名が参加して、手話講習会を実施しました。

江東区聴覚障害者福祉推進協議会から提供を受けた手話コミュニケーションカードを活用して、災害時の対応に必要であろう「助けます」「大丈夫」「痛い」「安心して」「待ってて」「そのまま」の6つの手話を中心に学びました。

※手話コミュニケーションカード
手話を使う聴覚障害者と手話のわからない健聴者とのコミュニケーションを助けるためにつくられました。

   
手話コミュニケーションカード手話コミュニケーションカード
手話コミュニケーションカード
手話講習会手話講習会
手話講習会

目次に戻る