このページの本文へ移動
東京消防庁東京消防庁電子図書館>東京都の地震時における地域別出火危険度測定(第9回)
東京都の地震時における地域別出荷危険度測定(第9回)


1 地域別出火危険度測定について

測定の目的、経過等

震災時における火災の被害を軽減するためには、地域ごとの火災の危険性を把握し、これに応じた対策を講じる必要があります。

地域別出火危険度測定(以下、「出火危険度」という。)とは、東京都震災対策条例第12条に基づき、震災時に火災が発生する危険性を地域ごとに評価するものです。これまで、昭和49年に特別区、昭和55年に多摩地区について第1回目の測定結果を公表して以来、人口動態や防火対象物の増減、地震時の火災発生要因や生活様態の変化を踏まえ、おおむね5年に1度の間隔で実施し公表してきました(表1)。

測定結果については、地震時の出火防止対策、消防水利の整備計画に活用されるほか、東京都の地域危険度測定調査の基礎データとして利用されるなど、各種震災対策資料に反映されています。

表1 地域別出火危険度測定実施年一覧

測定回数 特別区 多摩地区
測定年度 公表年月 測定年度 公表年月
第1回 昭和47・48年度 昭和49年3月 昭和53・54年度 昭和55年3月
第2回 昭和55・56年度 昭和57年3月 昭和58・59年度 昭和60年3月
第3回 昭和60・61年度 昭和62年3月 昭和62・63年度 平成元年3月
東京都全域(島しょ部等除く)
測定回数 測定年度 公表年月
第4回 平成2年度 平成3年3月
第5回 平成8年度 平成9年3月
第6回 平成12年度 平成13年3月
第7回 平成17年度 平成18年3月
第8回 平成22年度 平成23年3月
第9回 平成28年度 平成29年4月

前提条件

(1)地震動の設定

地震動は、地域差を評価するために、距離減衰の手法は用いず、地盤差の影響による揺れやすさを指標としました。「地震に関する地域危険度測定調査(第7回)」(東京都都市整備局、平成25年)(以下、「地域危険度測定」という。)の設定方法に基づき、工学的基盤に一律30cm/sの速度を入射し、地表に表れた地表速度を計測震度に変換しました。


入射速度30cm/s → 表層地盤による増幅 → 地表速度 → 計測震度
(2)季節・時間

夏と冬、昼(12時頃)と夕方(18時頃)

※出火危険度は冬の夕方が最も高いため、以降、冬の夕方を中心に結果を表示しています。
(3)対象地域

島しょ地域及び横田基地を除く東京都全域

(4)測定単位

町丁目単位及び250mメッシュ単位

問合せ先 東京消防庁震災対策課 電話03−3212−2111(代表)


 
   目次に戻る
Next