東京消防庁 >防災トピックス >東京都の地震時における地域別延焼危険度測定(第9回) >5.震災時の消火活動困難度

5 震災時の消火活動困難度

消防水利の有効性(250mメッシュ単位)

消防水利の有効性(250mメッシュ単位) ランク

【概 要】

震災時の火災においては、道路閉塞などにより防火水槽等が使用できなくなると、その周辺での消火活動を行うことが困難になります。

この地図は、防火水槽等の位置、道路の幅員などから、防火水槽等が使用できる可能性を推定し、メッシュごとに表したものです。

【結果】

消防隊等の到達性(250mメッシュ単位)

消防隊等の到達性(250mメッシュ単位) ランク

【概 要】

震災時は建物が倒壊することなどにより、道路が通行できなくなったり、渋滞が発生しやすくなることにより、消防隊や消防団が火災発生場所まで到達するのに時間がかかる可能性があります。

この地図は、道路の整備状況、道路の混雑状況などから、消防署所や消防団のポンプ置場からの到達時間を推定し、メッシュごとに表したものです。

【結果】

震災時の消火活動困難度(250mメッシュ単位)

震災時の消火活動困難度(250mメッシュ単位) ランク

【概 要】

火災が発生した場合の必要最小限の消防隊数という観点で、地域の延焼危険度、消防水利の有効性、消防隊等の到達性を総合化したものです。

【結果】

震災時の消火活動困難度(町丁目単位)

震災時の消火活動困難度(町丁目単位) ランク

【概 要】

震災時の消火活動困難度を町丁目単位で表したものです。

なお、建ぺい率が5%以下である250mメッシュが、町丁目内に存在するメッシュのうち60%以上を占めている場合は、その町丁目を評価対象外としています。

【結果】

震災時の消火活動困難度測定手法の概要

【測定手法の概要】

4 測定手法及び延焼シミュレーションの概要

目次に戻る