このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署麻布消防署からのお知らせ>東京消防庁災害時支援ボランティア募集中

東京消防庁災害時支援ボランティア大募集中!

防災とボランティア週間について

 平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を契機に創設された「防災とボランティア週間」は、災害時における自主的な防災活動やボランティア活動の認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的としています。
 毎年、阪神・淡路大震災が発生した1月17日が「防災とボランティアの日」、1月15日から1月21日までが「防災とボランティア週間」と定められています。
 阪神・淡路大震災から20年以上が経過し、過去の災害の記憶が風化しようとしています。今後、発生が懸念されている首都直下地震等に対する備えや都民の防災行動力の向上を図るため、東京消防庁では各消防署において東京消防庁災害時支援ボランティアの制度の周知、登録促進を図っています。

東京消防庁災害時支援ボランティアについて

 東京消防庁災害時支援ボランティア(以下、災害時支援ボランティア)は、東京消防庁管轄区域内で震度6弱以上の地震や大規模な自然災害や事故が発生した場合に、あらかじめ登録してある消防署や最寄りの消防署に自主的に参集し、東京消防庁が行う消防活動の支援を行う事前登録制の専門ボランティアです。

登録要件

 災害時支援ボランティアに登録するためには、原則として

@ 東京消防庁管内(稲城市及び島しょ地域を除く東京都全域)に在住・在勤・在学している方
A 15歳以上(中学生を除く。)の方
B 震災時などに消防に対する支援活動を行う意志のある方


で、上記の@からBを満たし、次のア〜エの要件のいずれかに該当する方

 
 
ア 以下のいずれかの資格等をお持ちの方
  @ 普通救命講習
  A 上級救命講習
  B 応急手当普及員講習
  C 応急手当指導員講習
  D 上記@からCの講習修了者と同等以上の知識を有すると消防署長が認める方


 イ 日本赤十字社の行う赤十字救急法救急員などの取得者

 
ウ 過去に消防団員、消防少年団員として1年以上の経験がある方

 エ 予防分野での活動を希望する方については、次の資格が必要です。
  @ 消防設備関係
    ・ 消防設備士
    ・ 消防設備点検資格者
  A 危険物関係
    ・ 危険物取扱者
    ・ 危険物施設保安員
    ・ 定期点検技術者講習修了者
  B 火災調査
    ・ 過去に消防職員として、火災調査の経験がある方



東京消防庁災害時支援ボランティアに関するお問合せは



  麻布消防署 TEL  03−3470−0119
           E-MAIL azabu2@tfd.metro.tokyo.jp



↑このページのトップへ戻る