このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署麻布消防署からのお知らせ>熱中症を防ぎましょう!

熱中症を防ぎましょう!

梅雨が明け、本格的な夏の暑さがやってくるこれからの季節は、熱中症が増える時期です。熱中症は屋外だけではなく室内でも発生しているため、室内温度を確認するなど熱中症にならないような注意が必要です。

≪予防のポイント≫

暑さに体を慣らしていく。

  熱中症は梅雨入り前や梅雨の時期にも発生しています。体がまだ暑さに慣れていないためだと考えられます。暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて、暑さに強くなります。また、ウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけていれば、夏の暑さにも対応しやすくなり、熱中症にかかりにくくなります。
  <対策>  
  ・ウォーキングなど運動をすることで汗をかく習慣を身に付けるなど、暑さに強い体を作る。
  ・冷房に頼りすぎない。

高温・多湿・直射日光を避ける。

  熱中症の原因の一つが高温と多湿です。屋外では強い日差しを避け、屋内では風通しを良くするなど、高温多湿環境に長時間さらされないようにしましょう。
  <対策>
  ・服装を工夫する。(襟元を緩める、ゆったりした服を着るなど通気を良くする。)
  ・窓を開け、通気を保つ。
  ・扇風機などを使用し、室内に熱気をためない。
  ・温度計や湿度計を設置して、こまめに室内の温度の調整を行う。
  ・屋外では、頭部を守るため帽子や日傘を使用する。
  ・冷房を有効に活用する。

水分補給は計画的かつこまめにする。

  特に高齢になると、のどの渇きを感じにくくなるため、早めに水分補給をしましょう。ふだんの水分補給は、健康管理上からもお茶や水がよいでしょう。水分補給目的のアルコールは尿の量を増やし、体内の水分を排出してしますため、逆効果です。
  なお、持病がある方や水分摂取を制限されている方は、夏場の水分補給などについて必ず医師に相談しましょう。
  <対策>
  ・のどが渇いてから水分補給をするのではなく、例えば時間を決めたり、外出前など意識的に水分補給を心がけましょう。

乗用車などで子どもだけにしない。

  車内の温度は短時間で高温になります。少しの間でも、子どもを車内に残さないようにしましょう。
  <対策>
  ・絶対に子どもを車内に残さない。

運動時などは計画的に休憩する。

  学校での体育祭の練習、部活動や試合中などに熱中症が発生しています。実施する人はもちろん、特に指導者は計画的な休憩や水分補給など熱中症を予防するための配慮をしましょう。
  汗などで失われた水分や塩分をできるだけ早く補給するためには、水だけでなくスポーツドリンクなどを同時に摂取するのもよいでしょう。
  また、試合の応援や観戦などでも熱中症が発生していることから、注意を怠らないでください。
  <対策>
  ・指導者等が積極的、計画的に休憩させたり、体調の変化を見逃さないようにしましょう。
  ・実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩しましょう。
  ・屋外での応援や観戦など運動をしていなくても高温環境にいることを忘れず、水分補給を心がけましょう。

↑このページのトップへ戻る