このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署イベント写真館

イベント写真館

新入団員教養を実施しました

 6月24日、麻布消防署で平成28年4月以降に麻布消防団に入団した女性6名を含む団員9名を対象に新入団員教養を実施しました。災害活動に関する基礎知識、ポンプ車積載資器材の取扱い、礼式等について座学と実技を交えて教養を実施し、参加した団員からは「大変わかりやすく、ためになりました。これからの消防団活動に活かしていきたいです。」との感想が聞かれました。


危険物安全週間の広報に管内各事業所のご協力を頂きました

 6月4日から10日の間、テレビ朝日テレ朝ビジョン、森ビルメトロハットビジョン、ハリウッドビューティプラザ、京セラ六本木ネオン看板で危険物安全週間の広報画像等の配信及び懸垂幕の掲示を行いました。六本木でも特に交通量の多い地区や利用者の多い施設で、大変効果の高い広報ができました。




危険物実務講習会を実施

 危険物安全週間中の6月7日、麻布消防署4階防災教室で危険物実務講習会を実施しました。麻布消防署管内の危険物施設に勤務する従業員を対象に、不適切な取扱いや管理、点検の未実施などの安全体制の不徹底による事故事例を学習しました。また、訓練用模擬消火器を使ってガソリンが漏れた時の効果的な消火方法の実技訓練も行いました。



第67回はたらく消防の写生会参加作品の署内審査を実施

 5月26日、麻布消防署4階防災教室で第67回はたらく消防の写生会参加作品の署内審査を実施しました。特別審査員として、国立新美術館学芸課教育普及室長・眞住貴子氏を招聘し、写生画の部、ポスターの部、未来消防のイメージ図画の部の各部門で消防署推薦作品及び本庁送付作品を決定しました。



オーストラリアの消防職員が六本木ヒルズと麻布消防署を視察

 5月22日、オーストラリア連邦クイーンズランド州消防局のステーションオフィサーのジャスティン・フランシスさんが来署し、当署の資器材等の視察を実施しました。
 フランシスさんは世界主要都市の高層建築物における消防関係の調査のため来日し、今後シンガポール、上海、ニューヨークなどへの訪問を計画されているそうです。
 当署管内を代表する超高層建築物である六本木ヒルズ森タワー(港区六本木6)を視察後、来署したフランシスさんは消防隊の資器材活用要領、超高層建築物での火災対応やオーストラリア及びこれまで視察した各国の災害事例について、署員と意見交換し、お互いに大変有意義な時間を過ごしました。

麻布消防団初!ポンプ操法大会に女子隊が参加

 雲一つない五月晴れの5月21日、港区長をはじめとした多くの来賓の激励のもと、平成29年度麻布消防団ポンプ操法大会が、区立芝公園で実施されました。
 各分団の代表として出場した7隊は、日頃の訓練成果を存分に披露し、会場からは惜しみない声援が送られました。
 また、女子団員が3割を占める第4分団からは、麻布消防団で初となる、女性のみで編成された“女子隊”が参加し、大きな話題となりました。
 重い資器材を扱いながら、真剣に操法を実施する姿は注目を集め、放水が見事標的を倒した時には、会場から盛大な拍手が送られました。

ハリウッド美容専門学校で自衛消防訓練、防火防災訓練を実施

 4月13日、ハリウッド美容専門学校(港区六本木6)において、新入生に対して自衛消防訓練と防火防災講話を実施したところ、参加した学生145名から感想文を頂きました。
 当署管内では昨年度、アロマオイルの付着した布から出火した酸化火災が2件発生しており、「アロマオイルなど油汚れがついた洗濯物を乾燥機にかけたり、乾燥後、そのまま放置しておくと酸化熱で火災になる」ということを初めて知り、自分も注意しなければと思うとともに、火災の怖さを再認識したとの意見が多数寄せられて、理美容師やエステティシャンを目指す学生たちの防火防災意識を高めることができました。

平成29年度消防活動訓練効果確認を実施

 4月28日、5月10日の二日間にわたり、麻布消防署裏庭訓練場において、ポンプ中隊並びに特別消火中隊の消防活動訓練効果確認を実施しました。
 「防火造2階建住宅の1階から出火。逃げ遅れ数名ある模様。」との想定のもと、迅速出場、早期注水、早期内部進入、早期救出等を重点に中小隊長の状況判断、指揮要領及び各隊の連携を審査しました。
 各隊は中隊長の指揮のもと、連携の取れた消防活動を行い、日頃の訓練成果をいかんなく発揮していました。

デジタルサイネージの前でちょこっと防災訓練を実施

 麻布消防署では、4月24・27日に実施した「ちょこっとまちかど防災訓練」において、今年2月10日から運用を開始したデジタルサイネージを活用しました。
 『ちょこっとまちかど防災訓練』と画面に表示させたデジタルサイネージ前で訓練参加を呼びかけたところ、非常に目を引き、署の前を通行する多くの親子連れが参加してくれました。訓練実施後は画面をタッチしてもらいながらデジタルサイネージコンテンツの説明を実施しました。
 デジタルサイネージは、毎日朝7時30分から夜7時30分までご利用できます。消防署からのお知らせなどのコンテンツを見ることができます。ぜひ画面にタッチしに来てください。

↑このページのトップへ戻る