このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署イベント写真館

イベント写真館

地域で連携!文化財防火デーに伴う消防演習を実施

 麻布消防署では、1月31日(水)、「文化財防火デー」に伴い、重要文化財「木造了海上人坐像」ほか多数の文化財を所有・管理している麻布山善福寺(港区元麻布1-6-21)において消防演習を実施しました。「本堂から火災が発生した」との想定で、善福寺自衛消防隊の隊員が119番通報・初期消火・参拝者の避難誘導・本堂収蔵文化財の搬出を実施。駆けつけた災害時支援ボランティアと麻布消防団も協力し、最後には自衛消防隊、ボランティア、消防団及び消防隊による一斉放水が行われ、地域のみなさんが連携して文化財を火災から守る活動要領を確認しました。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け多数の傷病者の発生を想定した救助救急訓練を実施










1月30日、国立新美術館において、意図的災害により多数の傷病者の発生を想定した救助救急訓練を実施しました。バスジャック犯2名がバスを暴走させ通行人をはね、その後、車外にてナイフで人々を無差別に襲い約60名の傷病者が発生した、との想定で実施された訓練では、麻布消防署、麻布警察署、港区、東京DMATなど関係機関が相互に連携し、傷病者の迅速な救助と応急救護、トリアージなどが行われ、救急隊員が英語で外国人傷病者に対応するなど東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた安全・安心対策の一環としての訓練が行われました。

六本木グランドタワーで『IZUMI GARDEN 防火防災フェア2017』を実施









 秋の火災予防運動を前にした11月2・3日の2日間、住友不動産六本木グランドタワーにて『IZUMI GARDEN 防火防災フェア2017』を開催しました。住友不動産六本木グランドタワーは、地域再開発により昨年オープンした地上40階、地下5階、延床面積17万平方メートル、テレビ東京本社などのテナントが入居し約1万人の方々が勤務している超高層建築物です。今回のイベントは同ビルや隣接する泉ガーデンタワーに勤務する方、近隣事業所及び住民の方々に初期消火や応急救護などの体験を通して防災行動力を高めて頂き、地域全体の防災力を向上させることを目的として企画されました。
 消防演習とテレビ東京・西野志海アナウンサーの司会による東京消防庁音楽隊・カラーガーズ隊コンサートも実施され、防火防災訓練に引き続き、大勢の方が参加されました。


↑このページのトップへ戻る