このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署イベント写真館

イベント写真館


麻布消防少年団40周年記念式典を挙行

 4月14日、麻布区民ホール(港区六本木5丁目)において、麻布消防少年団40周年を祝って記念式典が挙行されました。麻布消防少年団は、有田団長をはじめ16名の指導者のもと、小学1年生から中学3年生までの55名の団員が、毎月1回麻布消防署の職員の協力のもと、防火・防災に関する知識と技術を学び、規律訓練を行っています。式典では、これまでの少年団活動に貢献された元指導者の方々への表彰、昨年1年間の活動成績が優秀だった団員などへの表彰、隊長・副隊長の任命などに引き続き、団員たちが日ごろの活動成果を発表しました。

第69回はたらく消防の写生会を実施


 麻布消防では、4月11日から5月15日まで、管内の小学校7校が参加して、毎年恒例の「はたらく消防の写生会」を実施しています。初日である11日は、7校の先陣を切って港区立南山小学校で実施しました。子供たちは自分のお気に入りの場所を見つけて、思い思いにポンプ車や救急車の絵を描いていました。

ハリウッド美容専門学校で自衛消防訓練や防火防災講話を実施

 4月10日、ハリウッド美容専門学校(港区六本木6丁目)において、新入生198名に対して自衛消防訓練と防火防災講話を実施しました。アロマオイルなど油汚れがついた洗濯物を乾燥機にかけたり、乾燥後、そのまま放置しておくと酸化熱で火災になるということを初めて知った学生も大勢いて、火災の怖さを再認識したとの意見が多数寄せられて、理美容師やエステティシャンを目指す学生たちの防火防災意識を高めることができました。

麻布十番商店街で防火防災チャレンジデーを開催

 麻布消防署では、春の火災予防運動中の3月3日、麻布消防団と協力して麻布十番商店街のパティオ十番広場にて「第31回防火防災チャレンジデー」を開催しました。このイベントは、地域の方々に消火器の取扱いや応急救護などにチャレンジしていただき、防火の心と防災行動力を高めることを目的としています。当日は小雨が降り気温が下がる中、地域の方々を中心に家族で楽しみながら防火防災について学ぶ姿を見せてくれました。

文化財防火デーに伴う消防演習等を実施


 麻布消防署では、1月30日、麻布山善福寺(港区元麻布1丁目)において、文化財防火デーに伴う消防演習等を実施しました。「本堂から火災が発生した。」との想定で、善福寺自衛消防隊による119番通報・初期消火・参拝者の避難誘導のほか、駆けつけた山元町会や災害時支援ボランティアの皆さんと協力し本堂収蔵文化財を搬出し、地域の皆さんが連携して文化財を火災から守る活動要領を確認しました。最後には、自衛消防隊・ボランティア・消防団及び消防隊による一斉放水が行われました。

↑このページのトップへ戻る