背景色を白に変更 背景色を黒に変更 背景色を通常に戻す 文字サイズ縮小 文字サイズ標準 文字サイズ拡大
荒川区内の夜景写真
メニュー お知らせ 生活安全情報
リンク
広報ポスター
火の用心ポスター

火の用心ポスター(イラストレーター橋本ポンセさん作)
イラストレーター
橋本ポンセさん作


火の用心ポスター(消防署作成)
荒川消防署作成

荒川消防署 イベント結果はコチラ!

《平成26年春の火災予防運動》

 平成26年3月1日(土)から3月7日(金)まで春の火災予防運動を実施します。
 都民の皆様に防火防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、万が一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることを目的としています。
 

日暮里出身の片岡鶴太郎 さんをお迎えして

 あらかわファイヤー   
    フェスティバルを開催します!!
一日消防署長
片岡鶴太郎さん写真
片岡 鶴太郎さん
《日時》
平成26年3月6日(木)
           午前9時50分〜正午
《場所》
日暮里駅前イベント広場
         (西日暮里二丁目25番1号)
《実施内容》
 ・一日消防署長委嘱交付式  9時50分〜
 ・消防演習             10時〜
 ・東京消防庁音楽隊コンサート
                     11時10分〜
 ・消防PRコーナーなど  
      みなさんお誘いのうえお越しください!!

緊急事態
今年に入り、1月2,5,11,17日に住宅など、5件約200uの延焼拡大した火災が発生し、けが人や死者も出ています。
 火災原因は「放火」・「たばこ」・「ガステーブル」・「ストーブ」など様々です。
 皆様におかれましても、火災から、尊い命、貴重な財産を守るため、もう一度「住宅防火10の心得」を参考に、身の周りを確認し、火災予防にご協力お願いします。


防災とボランティア週間について!!
平成26年1月15日〜1月21日

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を契機に創設された「防災とボランティア週間」は、災害時における自主的な防災活動やボランティア活動の認識を深めるとともに、災害への充実強化を図ることを目的としています。



平成25年秋の火災予防運動を実施しました
平成25年11月9日(土)〜11月15日(金)

《目的》
 火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、都民の皆様に防火防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、万一発生した場合でも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることを目的としています。


      自衛消防技術発表会を実施 !!
  平成25年9月11日(水)、東京ガス株式会社千住事業所に、荒川
 消防署管内の21事業所22隊の自衛消防隊が集まり、日頃の訓練
 成果を発表しました。

          
 
 順位は以下のとおりです。
 【一号消火栓男子隊の部】
 最優秀賞: グリーンハイム荒川
 優秀隊:   日比谷線信通区
         JR西日暮里駅
         クリナップ株式会社

 【一号消火栓女子隊の部】
 最優秀賞: 日暮里コミュニティ
 優秀隊:   JR西日暮里駅
         センターまちや

 【二号消火栓の部】
 最優秀賞 サンハイム荒川
 優秀隊:   義肢装具サポートセンター
         東京リバーサイド病院


    荒川消防団消防操法大会を実施 !!

  平成25年6月30日(日)、日本運輸倉庫株式会社隅田川ニッソウ
 センター支店敷地内において、荒川区長、地元町会長等が見守るな
 か、荒川消防団員230名が参加し、荒川消防団操法大会を実施しま
 した。

   順位は以下のとおりです。
  優 勝 第8分団  準 優 勝 第6分団   第3位 第7分団

消防団消防操法大会写真



住宅火災による死者を防ぐために!

死者急増!
 平成24年中の住宅火災による死者数は86人となり、そのうち高齢者は過去最多の57人(約68%)でした。昨年の死者数を大きく上回っています。
 住宅火災の主な原因を知っていただき、火災に対する日頃の備えをお願いいたします。

【住宅火災の主な原因と「住宅防火10の心得」はこちら】


東京版救急受診ガイド

★病院に行く?救急車を呼ぶ?急な病気やけがで迷ったら・・
       【東京版救急受診ガイド(WEB版)はこちら】

 東京消防庁では、平成24年4月1日から「東京版救急受診ガイド」が始まりました。
 これは、主な19の症状について、利用者の方みずからが症状のチェックをし、傷病の緊急度などに関するアドバイスが得られるサービスです。
救急受診ガイドポスター
拡大

東京消防庁救急相談センター(#7119)

救急車を呼ぼうか迷った時や診察可能な病院がわからない場合は、【東京消防庁救急相談センター】をご利用ください。
  救急相談センターでは、受診に関するアドバイスや応急手当に関するアドバイス、診療可能な医療機 関を案内しています。

救急相談センターポスター
拡大
携帯電話・PHS・プッシュ回線から
               #7119へ

その他の電話、またはつながらない地域の場合は
    23区  03(3212)2323
 多摩地区  042(521)2323     
      24時間受付・年中無休

地震に備えて ”今一人ひとりにできること”

★地震だ!まず身の安全

          【地震 その時10のポイントはこちら】

 東日本大震災では、多くの家具が転倒、落下、移動しました。それによってけがをされた方もいました。

 家具の固定や転倒落下防止措置はお済みですか?

 自らの命、家族の命を守るには、日頃から地震対策に関心を持っていただくことが大切です。 もう一度、各事業所内やご家庭内を確認し必要な対策をお願いします。
地震だ!まず身の安全ポスター(ウルトラマン)
拡大
★家具類の転倒・落下・移動防止をしましょう!
【家具類の転倒・落下・移動防止対策はこちら】(東京消防庁ホームページへ)

少年団に入ろう!

東京消防庁では、消防少年団を募集しています!
 詳しくは、下記をご覧ください。
  荒川消防少年団の紹介はこちら
           【荒川消防少年団紹介ページへ】
  消防少年団の紹介はこちら
 【消防少年団の紹介及び募集ページ(東京消防庁ホームページへ)


各種ご案内
消防署リンクボタン東京消防庁キッズコーナーリンクボタン
東京消防庁マルチリンガルリンクボタン 東京消防庁電子学習室リンクボタン
救急病院案内リンクボタン東京消防庁サイトポリシーボタン

 救命講習のご案内
 <普通救命講習>
  1. 日時 毎月第3土曜日
    9時から12時
  2. 場所 荒川消防署4階
  3. 定員 30人(申し込み順)
  4. 費用 1,400円(テキスト代)

 優良防火対象物認定表示制度

平成18年3月に公布された火災予防条例の一部を改正する条例で「優良防火対象物認定表示制度」が規定されました。
     詳しくはこちら


 違反対象物の公表制度

〜平成23年4月1日から〜

建物立入検査によって把握した消防関係法令違反の情報を提供することで、都民の皆様自らが建物の利用について判断できようにするための公表制度が、火災予防条例の一部改正によって創設されました。

東京消防庁違反対象物公表ページはこちら


ご活用ください!
東京消防庁ソーシャルメディア

 東京消防庁では、都民の皆様により一層消防行政を理解していただき、身近に感じていただくために、Twitter(平成24年8月29日〜)とFacebook(平成24年12月12日〜)を活用した情報提供を行っています。

  東京消防庁フェイスブックバナー

  東京消防庁ツイッターバナー
※ 火災や救急等の災害通報は受け付けていません。緊急の場合は119番通報をお願いいたします。
  また、利用者コメントに対する個別対応はいたしませんのでご了承ください。

消防署所の紹介
音無川出張所
音無川出張所
所在 荒川区西日暮里二丁目19番9号
電話 03-3891-0119
FAX 03-3806-9300
JR日暮里駅下車徒歩3分
汐入出張所
汐入出張所
所在 荒川区南千住八丁目2番4号
電話 03-3807-0119
FAX 03-3806-9301
JR南千住駅下車徒歩15分
南千住出張所
南千住出張所
所在 荒川区南千住六丁目59番17号
電話 03-3805-0119
FAX 03-3806-9302
JR南千住駅下車徒歩10分
日暮里出張所
日暮里出張所
所在 荒川区東日暮里三丁目9番26号
電話 03-3801-0119
FAX 03-3806-9303
JR三河島駅下車徒歩10分


     東京消防庁防災標語  地震時は しっかり落ち着き 身の安全


作者 森川 暢明さん(中央区)

<家庭や職場の危険物安全標語>

危険物 正しく使って事故防止
作者 岡本 怜子さん(葛飾区)

お問合せ先

荒川消防署
荒川消防署
〒116-0002 東京都荒川区荒川二丁目1番13号
電話 3806-0119・ FAX 03-3801-1591
JR三河島駅下車徒歩10分・都電荒川区役所前徒歩5分
ご意見・お問合せはこちらへ
arakawa3@tfd.metro.tokyo.jp
メールは災害通報に使用できません。
Copyright (C) 2005 Arakawa Fire Station.All Right Reserved