このページの本文へ移動
東京消防庁昭島消防署>お知らせ

お知らせ

昭島消防署から、特に皆さんに知って頂きたい内容を掲載しています。

救急関係

応急手当奨励制度

応急手当奨励制度の目的

急な病気やけが等の救急事故現場に居合わせた人々(バイスタンダー)が、救急車が到着するまでの間に応急手当を実施することは大変重要です。
特に、さまざまな人が多く集まる事業所や商店街、地域等において、応急救護体制の推進が期待されています。
そこで東京消防庁では、救命効果を高めるための方策の一つとして、応急手当普及に対する認識を高めていただき、事業所や商店街、地域等が自らが実効性のある応急救護体制づくりができるよう、救命講習に対する積極的な取り組みを奨励しています。

救命講習受講優良証

応急手当の普及に関し、下記の交付要件を満たしている事業所等に対して、消防署長が救命講習受講優良証、優良マークを交付します。

〈交付要件〉
  1. 事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する人(応急手当普及員など)が養成され、救命講習の普及に活用されていること。
  2. 交付対象毎に、総数(従業員数等)の30%以上が、有効期限内にある救命講習修了者である。
優良証交付事業所等の公表及び優良マークの交付

東京版救急受診ガイド

19の症状について、質問に答えて傷病の緊急性や医療機関受診の必要性を自分で確認できるガイドです。  冊子版は消防署・消防出張所にございます。ウェブ版は、東京消防庁ホームページでご利用いただけます。
 (パソコン、携帯電話、スマートフォン等からご利用になれます)

>> ためらわず救急車を呼んでほしい症状(総務省消防庁)

小児大人

スマートフォンで見るパソコンで見る

救急相談センター

急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷ったときの相談窓口として、「東京消防庁救急相談センター」を開設しています。東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。

>> 詳しくはコチラをご確認ください。

#711924時間年中無休
(携帯電話、PHS、プッシュ回線)

【ダイヤル回線からは】
 東京23区:03−3212−2323
 多摩地区:042−521−2323

救急車の適正利用のお願い

救急車の利用をした人の中には、下記のような理由で要請する人がいます。

「病院がわからなかったため、救急車を呼んだ」
「救急車で病院に行けば、早く診てもらえる」

都内各消防署、東京消防庁救急相談センター及び東京都医療機関案内サービス(ひまわり)では、診察可能な救急病院等の情報を24時間提供しています。また、緊急性はないが入院施設までの交通手段がない場合には、東京民間救急コールセンターにおいて、東京消防庁が認定した最寄の民間救急事業者をご案内しておりますので、是非、ご利用ください。

【問合せ先】
NO 名称 連絡先
1 昭島消防署 042−545−0119(代表)
2 救急相談センター
つながらない地域または携帯電話・PHS・プッシュ回線以外の電話をご利用の場合
多摩地区:042−521−2323
東京23区:03−3212−2323
#7119
3 東京都医療機関案内サービス(ひまわり) 03−5272−0303
4 東京都民間救急コールセンター 0570−039−099

救命講習のご案内

昭島消防署で救命講習を受講しよう!!
〜 大切な人を、家族を、命を守るため、救命講習を受講して知識と技術を学びましょう。 〜

講習内容
開催日
実施時間

※ 下記講習も応相談で受け付けています。

普通救命再講習 ・ 普通救命ステップアップ講習 ・ 電子学習室を活用した講習

実施場所
受講費用
受講申請の方法

昭島市内のAED設置場所のお知らせ

心停止傷病者への早い心肺蘇生の実施とAED(自動体外式除細動器) の使用は、バイスタンダー等の誰にでもすぐ行える処置であり、心停止傷病者の社会復帰に大きな役割を果たすものです。
昭島市内では公共機関をはじめ、事業所等でもAEDの設置が進んでいます。

昭島市AEDマップ(2016年1月現在) 昭島市内のAED設置場所一覧表
昭島市AEDマップ
JPGファイル PDFファイル

防災関係

防災ニュース

昭島消防署では毎月1回「防災ニュース」を発行しています。

記載内容

時期に合わせた防火防災に関する情報

配布先

町会・自治会

>> ご覧になりたい方はこちらを参照してください。

予防関係

違反対象物の公表制度

東京消防庁管内の建物における下記の違反について、当該違反内容を関係者に通知してから一定期間経過後においても同一の違反が認められる場合に東京消防庁のホームページ及び管轄消防署等の窓口において公表します。

>> 昭島市内で公表となる建物はこちらを参照してください。 (0件)

公表の該当となる違反
公表される内容
制度の効果

>> 詳細はこちらを参照してください。

優良防火対象物認定表示制度

平成18年3月に公布された火災予防条例の一部を改正する条例(平成18年東京都条例第90号)で、「優良防火対象物認定表示制度」が規定されました。この制度では、建物の管理権原者(所有者等)が消防署長に申請し、審査・検査の結果、優良な建物として消防署長の認定を受けたときは、優良な建物の証である優良防火対象物認定証(通称:「優マーク」)を建物の見やすい場所に表示することができます。

昭島市内の認定優良防火対象物はこちらを参照してください。(11件)

優良防火対象物認定表示制度
申請することのできる防火対象物

防火対象物の収容人員の数が、用途ごとに定められた収容人員に該当するものは、申請をすることができます。

>> 詳細はこちらを参照してください。

申請方法等

防火対象物の管理について権原を有する者が、棟ごとに当該防火対象物を管轄する消防署長に申請してください。

※ 消防法施行令第8条等に基づき別の防火対象物とみなされる場合は、棟ではなく、部分ごとに申請することができる場合があります。詳しくはご相談ください。

>> 詳細はこちらを参照してください。

火災予防上の命令を受けている対象物

消防機関が立入検査により火災予防上の危険や消防法令違反を把握し、その改修等の命令を発した場合には、消防法に基づきその旨を公示しなければなりません。東京消防庁では、命令を行い、公示している建築物等の所在地、名称等を利用者や近隣の方々の安全のためお知らせしています。なお、島しょ地区の危険物施設に係る公示情報については、東京都が開設するホームページをご覧ください。。

>> 火災予防上の命令を受けている対象物一覧表 はこちらを参照してください。


↑このページのトップへ戻る