このページの本文へ移動
東京消防庁赤坂消防署イベント等のお知らせ表彰・交付

表彰・交付


平成30年9月18日 
平成30年度救急事業協力者に対し感謝状を伝達・贈呈 

 9月9日の「救急の日」や、9月9日から9月15日まで行われた「救急医療週間」に伴い、赤坂消防署では、救急業務の普及にご協力いただいた管内の事業所に対し、救急部長感謝状の伝達、赤坂消防署長感謝状の贈呈をそれぞれ実施しました。
 
 
救急部長賞
株式会社グローバル ユース ビューロー
 
救急部長賞
ANAインターコンチネンタルホテル東京
 
赤坂消防署長賞
新日鉄興和不動産株式会社
 
赤坂消防署長賞
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
横田 茉莉さん
 
赤坂消防署長賞
東京ミッドタウンマネジメント株式会社
 
赤坂消防署長賞
公益財団法人サントリー芸術財団 サントリーホール

赤坂消防署長賞
アパホテル株式会社 



平成30年6月11日
管内の事業所に対し、救命講習受講優良証を交付
 平成30年6月11日(月)エームサービス株式会社(港区赤坂二丁目23番1号)に対し、救命講習受講優良証を交付しました。
 東京消防庁では、事業所の救命講習に対する積極的な取り組みを奨励しており、応急手当の普及に関し、一定の要件を満たした事業所に対して、救命講習受講優良証を交付しています。

制度の詳しい内容についてはこちら
⇒赤坂消防署管内の救命講習受講優良証交付先事業所一覧


平成30年3月20日
赤坂陽光ホテルに対し、表示マーク(金)を交付
 平成30年3月20日(火)赤坂陽光ホテルに対し、防火対象物適合表示制度に基づく表示マーク(金)の交付式を行いました。

制度の詳しい内容についてはこちら
⇒「東京消防庁ホームページ」 防火対象物適合表示制度へ

平成30年3月13日
赤坂消防団第三分団分団長が消防庁長官永年勤続功労章を受章
 平成30年3月13日、赤坂消防署において、赤坂消防団第三分団分団長に対する伝達式を行いました。
 赤坂消防団第三分団分団長の金田芳勝(かねだ よしかつ)さんは、昭和55年12月1日入団以来、37年に渡る消防団活動の功労が認められ、平成30年3月7日付で消防庁長官永年勤続功労章を受章しました。
   

平成29年12月25日
ホテルモントレ赤坂に対し、優マークと表示マーク(金)を交付

 平成29年12月22日(金)ホテルモントレ赤坂に対し、優良防火対象物認定表示制度に基づく優良防火対象物認定証(通称:優マーク)と、防火対象物適合表示制度に基づく表示マーク(金)の交付式を行いました。

制度の詳しい内容についてはこちら
⇒「東京消防庁ホームページ」 優良防火対象物認定表示制度へ
⇒「東京消防庁ホームページ」 防火対象物適合表示制度へ
 

 
 


平成29年12月8日
心肺停止に陥った男性の命を救った方々に対し、赤坂消防署長感謝状を贈呈
 生命の危機に瀕していた男性に対し、適切な救護処置を行い救命した4名の方々に対し、赤坂消防署長感謝状の贈呈を行いました。

 これは、平成29年11月14日(火)港区赤坂の鹿島建設KIビルにおいて心肺停止状態に陥り生命の危機に瀕していた男性に対し、居合わせた國領文子さん、鮫島康弘さん、岸田哲哉さん、久保亮さんと、ALSOK職員で、鹿島建設KIビル防災センターに勤務する松本康則さん、繻エ信幸さん、内藤裕隆さん、柴田大輔さん8名が協力し、適切な救護処置を行い、命を救ったものです。 

 来署できなかった4名の方々には、後日感謝状を贈呈する予定です。 

写真は、左から松本康則さん、繻エ信幸さん、
國領文子さん、鮫島康弘さん

平成29年9月13日
ホテルで倒れ心肺停止に陥った男性の命を救った方々に対し、消防総監感謝状を贈呈
 生命の危機に瀕していた男性に対し、適切な救護処置を行い救命した方々に対し、消防総監感謝状の贈呈を行いました。

 これは、平成29年9月26日(火)港区六本木一丁目のホテルオークラ東京別館において、心肺停止状態に陥り生命の危機に瀕していた男性に対し、沼津西病院に勤務する看護師の麻場奈々子さん、工藤純子さん、山島加織さん、勝又絵美さん、ホテルオークラ従業員の坂口章さん、中嶋愛さん6名が協力し、適切な救護処置を行い、命を救ったものです。

 沼津西病院勤務の4名の方々には、後日感謝状を贈呈する予定です。
 
 
写真は坂口 章さんと中嶋 愛さん


平成29年11月10日
救急隊が到着するまでの間、救護活動を実施した3名の方々に対し、
赤坂消防署長感謝状を贈呈
 車内で心肺停止となった男性に対し、救護活動を行った3名の方々に対し、赤坂消防署長感謝状の贈呈を行いました。

 これは、平成29年8月19日(土)港区赤坂九丁目の東京ミッドタウンガーデンサイド棟路上において車内で心肺停止状態となった男性に対し、佐竹宏樹さん、宇井真志さん、片山正夫さん3名が協力しAEDを実施し、更に救急隊が到着するまで交代で心臓マッサージを行ったものです。 
 



↑このページのトップへ戻る