このページの本文へ移動
東京消防庁赤坂消防署火災による死者ゼロ1万日通過!

赤坂消防署は火災による死者ゼロ
10,000日を通過しました!

 赤坂消防署は、平成29年7月31日をもって、火災による死者ゼロ10,000日を通過しました。

 「10,000日」とあえて表現することにより「火災による死者ゼロの日」を1日でも長く継続できるよう、署員一丸となって「安心して暮らせる 日本一安全なまち 赤坂・青山を目指して」をスローガンに日夜業務に励んでいます。



ごあいさつ 

 地域の皆様には、平素から消防業務に対し多大なご理解、ご協力を賜わり心より御礼申し上げます。
 
 平成2年3月14日に死者が発生した火災以来、27年4か月以上の長きにわたり、地域の皆様とともに防火防災に取り組み、本日、火災による死者ゼロ10,000日を通過することができました。
 これにより、赤坂消防署開署91年の赫々たる歴史の1ページを飾ることができました。

 このことは、いかなる時代においても地域愛に根ざし、献身的な活動をされてきた消防団の皆様、消防行政に深いご理解とご協力を賜わりました消防協働団体の皆様、そして地元町会の皆様方のご支援・ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げます。
 
 しかし、私は10,000日を到達点ではなく通過点と言い続けてきました。
 
 10,000日を通過した今、さらにこれを続けていくために各種施策を展開し、「安心して暮らせる 日本一安全なまち 赤坂・青山」をスローガンに、地域の皆様の生命・身体・財産を守るべく、署員一丸となって、日夜業務に邁進する覚悟であります。

 どうか、今後ともなお一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

  平成29年7月31日
赤坂消防署長 松本 清



 




東京消防庁<赤坂消防署><緊急!!>

↑このページのトップへ戻る