多数の者の集合する 催しにおける消火準備等について


 平成25年8月に発生した京都府福知山市の花火大会火災を契機に、祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合
する催しにおける火災予防対策の充実強化を図るため、火災予防条例が改正されました。
 この改正により、多数の者の集合する催しにおいては、次の事項が義務化されました。
 (1) 火気使用器具等※ を使用する場合の消火器準備
 (2) 火気使用器具等 を使用する露店等を開設しようとする場合の届出
    ※ 火気使用器具等とは、液体燃料・気体燃料・固体燃料を使用する器具又は電気を熱源とする器具のことです。




1 消火器を備えましょう! 〈第18条〜第21条〉

 多数の者の集合する催しにおいて火災が発生した場合、迅速な初期消火が極めて重要です!調理用器具や発電機などの火気使用
器具等を使用する際には消火器を備えましょう!


*複数の露店等で共同して備えることもできます。詳細は赤羽消防署までお問い合わせください。




1 露店等の開設を届け出ましょう! 〈第60条〉

 露店等で安全に火気使用器具等を使用するために、3日前までに消防署長に届け出ましょう!
             
*催しの主催者や露店等の代表者が複数の露店等の開設を届け出ることもできます

【ご不明な点がございましたら消防署までお問い合わせください。】


目で見る露店チェックのポイントはコチラ 



TOP