このページの本文へ移動
東京消防庁赤羽消防署ライターに注意

ライターに注意

ライターによるこどもの火遊びに注意

こどものライターによる火遊びで、火災が発生しています。

特に、小さな生命が失われる事故が各地で相次いでいます。

事例 1
 こどもたちだけで留守番していた際に火災が発生! 

母親が、こどもを残し外出中、幼稚園児(5歳)が近くにあったライターを使用して火遊びをしたため、マットレスのカバーに着火し火災となったもの。

事例 2
 年齢1歳でも火遊びをしている! 


母親と長男(3歳)がテレビを見ていたところ、同じ部屋にいた二男(1歳)が、洋服ダンスから引っ張り出した衣類にライターで火をつけ火災となったもの。

キュータ
  1. こどもの手の届くところにライターを置かない
  2. こどもにライターを触らせたり、遊ばせたりしない
  3. こどもでも簡単に操作できるライターを極力購入しない
  4. 理解できる年齢になったら、こどもに火の怖さを教える
  5. 紙など、燃えやすいものは片付ける

↑このページのトップへ戻る