このページの本文へ移動

地域の防災力を高めよう

地域の防災力を高めよう

防災は 日頃の備えの 積み重ね (東京消防庁防災標語)
作者 柏木 こころさん (三鷹市在学)


防災週間 830日(金)〜日(木)
日は防災の日です。

≪防災の日と防災週間≫

大正12年9月1日、関東地方を中心に甚大な被害をもたらした関東大震災が発生しました。9月1日を「防災の日」としたのは、この関東大震災が発生したことや、台風シーズンを迎える時期であることが主な理由とされています。昭和34年9月に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風が契機となり、昭和35年6月17日の閣議了解により、9月1日を「防災の日」とすることが定められました。
 その後、昭和58年5月24日に行われた中央防災会議決定で、毎年8月30日から9月5日までが「防災週間」と定められました。
 防災週間においては、国、都、区市町村、関係機関・団体等の緊密な連携の下で、防災に関する各種行事が全国的に実施されます。

画像:令和元年度防災週間ポスター
令和元年度防災週間ポスター

≪防災訓練に参加しましょう≫

地震等の被害を軽減するためには、消防機関等の行政が取り組む「公助」だけでなく、一人ひとりが自ら取り組む「自助」、地域で助け合って取り組む「共助」、それぞれの連携が重要です。今後、発生が危惧される首都直下地震では、同時に多数の火災や怪我人等の発生が想定され、地域や住民自身による初期消火や救出・救護活動といった防災行動力を高めておくことが特に重要となります。
 当庁では、これまであまり訓練に参加したことのない人達にも防火防災訓練に参加してもらえるよう「知ろう!防災 行こう!訓練」をスローガンに、地域のイベントや大型商業施設において、都民の皆様が参加しやすい防火防災訓練を推進しています。また、VR防災体験車をはじめ、まちかど防災訓練車や起震車といった防災訓練用の車両も、都内各地の訓練会場に出向します。是非、お近くで実施している防火防災訓練に参加してください。
 防火防災訓練の日程・場所等については、消防署のホームページや東京消防庁公式アプリをご覧ください。

画像:VR防災体験車

VR防災体験車
 平成30年4月に運用を開始した「VR防災体験車」は、ヘッドマウントディスプレイ(ゴーグル)に映し出される臨場感あふれる360度の立体映像とシートの振動、匂い、熱気などの演出により、地震、火災、風水害の災害の疑似体験訓練ができます。

画像:まちかど防災訓練車

まちかど防災訓練車
 軽トラックベースの車両に積載した200セの水を循環利用することで、狭い路地や公園で消火栓や防火水槽などの消防水利がなくとも、実践的な消火訓練ができる車両です。
 本年4月に2台を増強し、計4台体制になったことで、都内各地の訓練会場に幅広く出向することが可能となりました。

画像:起震車

起震車
 東日本大震災や熊本地震など、近年発生した大規模地震のほか、長周期地震動の体験による身体防護訓練や出火防止訓練ができます。車いすの方の体験も可能です。

≪「地震そのとき10のポイント」、「地震に対する10の備え」≫

東京消防庁では、過去の震災の教訓を踏まえ、地震の時に取るべき行動を「地震その時10のポイント」、地震の被害軽減に向けて備えるべき項目を「地震に対する10の備え」としてまとめています。
 「地震その時10のポイント」、「地震に対する10の備え」は、東京消防庁ホームページにも掲載しておりますので活用してください。