このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ(7月号) テーマ1 夏に多発する事故から尊い命を守ろう
  熱中症を防ごう
  河川やプール等での水の事故を防止しよう
  病院へ行く?救急車を呼ぶ?
急な病気やけがで迷ったら…
  救急車の適正利用について
  心肺蘇生等の応急手当
テーマ2 日常生活における火災や事故を防止しよう
  子供の火遊びを防止しよう

心肺蘇生等の応急手当

心肺蘇生等の応急手当

突然に心肺停止した方を救命するためには、救急車が到着するまでの間、バイスタンダー(その場に居合わせた人)による心肺蘇生とAED( 自動体外式除細動器)の使用が重要です。尊い命を救うために心肺蘇生の方法を身につけましょう。

心肺蘇生などの応急手当の方法は、さまざまな研究や検証を重ね、原則5年に1度、よりよい方法へ改正されています。東京消防庁でも、新たなガイドラインにもとづいた講習を平成28年7月から実施しています。(表1、図1)

表1 年齢区分における心肺蘇生

 心肺蘇生胸骨圧迫(心臓マッサージ)人工呼吸
対象 実施回数
の比率
圧迫位置圧迫法圧迫の
深さ
テンポ吹き込み
吹き込み
時間
吹き込み
回数
成人胸骨圧迫
30回
人工呼吸
2回
胸骨の
下半分
(胸の真ん中)
両手約5cm100~
120/分
胸の上が
りが見え
る程度の
約1秒2回
小児両手又は
片手
胸の厚さ
の1/3
乳児2指

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸骨圧迫(心臓マッサージ)のイメージ図
心肺蘇生とAEDの使用

「上級救命講習テキスト」ガイドライン2015対応(東京防災救急協会発行)より引用・編集

主な講習会の種別

講習の種別講習内容
応急救護講習
(希望する時間)
AEDを含む心肺蘇生、止血法及び外傷の応急手当要領等について学ぶコース(受講者の希望に応じて任意の時間で行う)
救命入門コース
(45分)(90分)
3時間の普通救命講習の受講が困難な都民及び小学校4年生以上を対象にした、胸骨圧迫とAEDの使用方法を中心に学ぶコース
普通救命講習
(3時間)
心肺蘇生(AEDを含む成人に対する方法)を中心に学ぶコース
普通救命(自動体外式
除細動器業務従事者)講習
(4時間)
普通救命講習の内容にAEDの知識確認と実技評価が加わったコース
(AEDを一定頻度で使用する可能性のある方は、このコースを受講してください。)
普通救命再講習
(2時間20分)
前回の普通救命受講日から3年以内に再度受講するためのコース
普通救命
ステップアップ講習
(2時間)
救命入門コースを受講してから1年以内に受講することで、普通救命講習の認定証が交付されるコース
上級救命講習
(8時間)
AEDを含む救命処置のほかに、小児・乳児の心肺蘇生、けがの手当や搬送方法などを学ぶコース
上級救命再講習
(3時間)
前回の上級救命受講日から3年以内に再度受講するためのコース
上級救命
ステップアップ講習
(5時間)
普通救命講習または普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習を受講してから1年以内に受講することで、上級救命講習の認定証が交付されるコース
応急手当普及員講習
(24時間)
普通救命講習、普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習の指導要領を学ぶためのコース
応急手当普及員再講習
(3時間)
前回の応急手当普及員講習受講日から3年以内に再度受講するためのコース
  • 講習修了者には、認定証が交付されます(応急救護講習では認定証等の交付はされませんが、救命入門コースは受講証が交付されます)。
  • 講習に関する問合せ先
  • 東京消防庁管内の消防署、消防分署、消防出張所
  • 公益財団法人東京防災救急協会 救急事業本部
      講習受付  03(5276)0995(平日 午前9時〜午後4時)
      インターネットでの受付は http://www.tokyo-bousai.or.jp
      東京消防庁ホームページ (http://www.tfd.metro.tokyo.jp
      (ホームページ内を以下のメニューに沿って進んでください。)
      ⇒「試験・講習」⇒「応急手当講習会