このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ(7月号) テーマ1 夏に多発する事故から尊い命を守ろう
  熱中症を防ごう
  河川やプール等での水の事故を防止しよう
  病院へ行く?救急車を呼ぶ?
急な病気やけがで迷ったら…
  救急車の適正利用について
  心肺蘇生等の応急手当
テーマ2 日常生活における火災や事故を防止しよう
  子供の火遊びを防止しよう

河川やプール等での水の事故を防止しよう

河川やプール等での水の事故を防止しよう

夏は河川でバーベキューをしたり、プール等に出かける機会が増えて楽しい季節ですが、おぼれて救急搬送される事故も、この時期に多くなります。

乳幼児では、深さ数センチのビニールプールでもおぼれることがあります。

河川やプール等でおぼれる事故は、生命を脅かす事故となる可能性が高いことから、十分な注意が必要です。

ライフジャケットを着た子供のイラスト

1.河川やプール等でおぼれる事故

  • (1)救急搬送人員の推移

東京消防庁管内1)では、平成26年から平成30年2)までの6月から9月に発生した河川やプール等でおぼれる事故3)により、69人が救急搬送されています(図1)。

水の事故による救急搬送人員(平成26年〜30年)

図1 水の事故による救急搬送人員

1)東京都のうち稲城市、島しょ地区を除く地域
2)平成30年は暫定値です。
3)「自損」、「浴槽での溺水」は除く
  • (2)月別救急搬送人員(平成26年から平成30年まで)

月別にみると、8月に搬送人員が多くなっています(図2)。

図2 月別救急搬送人員

図2 月別救急搬送人員

  • (3)年代別の救急搬送人員

年代別にみると、20歳代が最も多く、次いで9歳以下、10 歳代となっています(図3)。

年代別の救急搬送人員

図3 年代別救急搬送

  • (4)事故発生場所別救急搬送人員

おぼれ る事故が発生している場所では、河川が49人(71.0% )と最も多く、次いで プールが17人(24.6%)と高い割合を占めています。河川では、地形により流れが速い場所もあるので注意が必要です。また、子ども 用のビニールプールでも2人(2.9%)が搬送されています。(図4)

図4 事故発生場所別救急搬送人員

図4 事故発生場所別救急搬送人員

  • (5)年齢区分別による発生場所の割合

9 歳以下では、プールでの事故の割合が約7割を占め高くなっていますが、その他の年齢区分では河川での事故が多くなっています(図5)。

図5 年齢区分別による発生場所の割合

図5 年齢区分別による発生場所の割合

  • (6)初診時程度別割合

初診時程度別割合では、生命の危険が強いと認められる重症以上の割合が約4割を占めています(図6)。

初診時程度別割合

図6 初診時程度割合

死 亡:
診時死亡が確認されたもの
重 篤:
生命の危険が切迫しているもの
重 症:
生命の危険が強いと認められたもの
中等症:
生命の危険はないが入院を要するもの
軽 症:
軽易で入院を要しないもの
  • (7)乳幼児の事故

0歳から5歳の乳幼児では、3歳が最も多く救急搬送されています。また、乳幼児の事故は、プール・子ども用ビニールプールで多く発生しています(図7)。

水遊びをさせる時は、子供から目を離さないようにしましょう。

乳幼児の事故

2.救急搬送事故事例

1 (目を離した隙におぼれた事故)
プールで、親が少しの間目を離した際に子どもの姿が見えなくなり、流れるプールで流されているのを発見した。
(4歳 中等症)
2 (河川でおぼれた事故)
河川敷でバーベキューをしており、着衣のまま川に入り遊んでいたが1名が行方不明となり、付近をさがしていたところ川に沈んでいるのを発見した。
(30代 重篤)
3 (飲酒後に河川でおぼれた事故)
飲酒後、身体を冷やすために河川に入り泳いでいたが、川の真ん中でおぼれ、姿が見えなくなった。
(20代 重篤)
4 (飛び込みよる事故)
河川敷にてせきから飛び込み、一時的に水流に嵌まり脱出できなくなった。
(40代中等症)

河川やプール等での水の事故を防ぐために

  • (1)小さい子供と一緒に水遊びをする際は、子供から目を離さず、保護者や大人が必ず付き添って遊びましょう。
  • (2)飲酒後や体調不良時には遊泳は行わず、もし遊泳しようとしている人がいたら、周りにいる人は遊泳をやめさせましょう。
  • (3)海や河川では、気象状況に注意を払い、荒天時や天候不良が予測される場合は遊泳や川岸等でのレジャーは中止しましょう。
  • (4)海や河川では、ライフジャケットを着用するなど、事故の未然防止に努めましょう。
河川やプール等での水の事故を防ぐために