このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ(7月号) テーマ1 夏に多発する事故から尊い命を守ろう
  熱中症を防ごう
  河川やプール等での水の事故を防止しよう
  病院へ行く?救急車を呼ぶ?
急な病気やけがで迷ったら…
  救急車の適正利用について
  心肺蘇生等の応急手当
テーマ2 日常生活における火災や事故を防止しよう
  子供の火遊びを防止しよう

病院へ行く?救急車を呼ぶ?急な病気やけがで迷ったら…

病院へ行く?救急車を呼ぶ?
急な病気やけがで迷ったら…

病院へ行く?救急車を呼ぶ?急な病気やけがで迷ったら#7119

1.東京消防庁救急相談センター(#7119)

7月は、熱中症が多発する時季です。熱中症を疑う症状などで「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として、東京消防庁救急相談センターを開設しています。

東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に、救急相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間・年中無休で対応しています。受付番号#7119は携帯電話、PHS、プッシュ回線からご利用いただけます。

その他の電話、または繋がらない場合、23区は03(3212)2323、多摩地区は042(521)2323からご利用ください。

救急相談センターの業務内容 #7119をしてからの対応フロー

2.東京版 救急受診ガイドについて

東京消防庁救急相談センターでの電話による救急相談に加え、東京版救急受診ガイド(ウェブ版・冊子版)を提供しております。これは、主な19の症状について、利用者の方自らが症状をチェックしていくことで、病気やけがの緊急度などに関するアドバイスが得られるサービスです。冊子版の他にいつでも利用できるように、下記のQRコードを携帯電話またはスマートフォンで読み取り、アドレスを登録しましょう。

冊子版
東京都救急受診ガイド
ウェブ版の利用方法・サービス内容

※緊急性があると思われる場合は、ためらわず救急車(119番)をお呼びください。

3.東京版 救急受診ガイド(英語・ウェブ版)について

東京消防庁は、来日する外国の方が急な病気やけがをした際、自身で症状の緊急性の判断等の安全・安心を提供するツールとして、平成30年3月15日より、当庁ホームページで東京版救急受診ガイド(英語・ウェブ版)の提供を開始しています。

東京版救急受診ガイド(ウェブ版)と同様に、主な19の症状について、利用者の方自らが質問に答えることで、ご自身の症状の緊急性や受診科目、受診する時期などを確認できます。

東京版救急受診ガイド(英語・ウェブ版)パソコン・スマートフォン用URL http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kyuuimuka/en_guide/main/index.html


救急受診ガイド(英語・ウェブ版)