このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ (6月号) テーマ1 身の回りの危険物品の安全な使用、保管方法を再確認しよう
  平成30年度危険物安全週間
  危険物に関する知識を深めよう
  危険物施設等における事故状況
  危険物施設等における自主保安対策の重要性を再確認しよう
テーマ2 要配慮者を守ろう
  高齢者や障害者を災害から守るために
  総合的な防火防災診断
  安否確認や避難支援を取り入れた防火防災訓練
  啓発資料「地震から命を守る『7つの問いかけ』」
  高齢者の熱中症を防ごう
  熱中症の予防のために
  熱中症の兆候を見逃さない
  熱中症が疑われる人を見かけたら
テーマ3 夏祭りや花火大会での火災を防ぎましょう
  火気器具を使うときには
  消防署への届出について

身の回りの危険物品の安全な使用、保管方法を再確認しよう

タイトル画像:身の回りの危険物品の安全な使用、保管方法を再確認しよう

♦平成30年度危険物安全週間

画像:平成30年度危険物安全週間

都民の皆様へ
 私たちの身の回りには、危険物を含む製品がたくさんあり、その危険性を意識せずに使用すると、火災が発生することがあります。
 職場や家庭内で何気なく使っている危険物を含む製品を確認し、使用上の注意事項や正しい使用方法を十分に理解し、危険物に関する事故を防止しましょう。

危険物関係事業所の皆様へ
 当庁管内における平成29年中の危険物施設等の事故件数は107件で、平成28年に比べ2件増加しました。
 危険物施設等の事故を防止するためには、危険物関係事業所の皆様が法令を遵守することはもちろん、自社の施設の特性に応じた危険要因を把握し、最も適した安全対策を実践することが極めて重要となります。
 自社の危険要因と安全対策を踏まえた自主保安対策を充実し、危険物に関する事故を防止しましょう。

♦危険物に関する知識を深めよう

身近にある危険物の危険性や、正しい使用・保管方法について知識を深めましょう。

◎ガソリンなどの燃料を安全に使うために
 ガソリンや灯油などは、身近な危険物として自動車や発電機、ストーブの燃料として使用されています。特に、震災時は避難所などで多く使われ使用されます。ガソリンなどの燃料を使用する際の注意点を確認しましょう。

●ガソリンを取り扱う時の注意点
① 火気のある場所での使用・保管はいけません!
 ガソリンは非常に揮発しやすく、使用する際には可燃性の蒸気が発生し、近くに火気があると簡単に引火する性質があります。周囲に火気がないことを確かめてから使用しましょう。
② 給油の際は発電機などの機器を停止しましょう!
 発電機、ストーブなどの機器に燃料を入れる際は、機器を必ず停止してください。使用中に給油すると、火災が発生するおそれがあります。
③ 換気の良い場所に保管しましょう!
 ガソリンの蒸気は空気より重いため、低い位置に溜まります。ガソリンの蒸気が溜まらないよう換気の良い場所に保管することが重要です。
④ 冷暗所に保管しましょう!
 ガソリンを入れた容器を気温の高い場所に置いていると、容器内の圧力が高まり、蓋を開けた際に噴き出すおそれがあります。ガソリンを入れた容器は冷暗所に保管しましょう。


温められた携行缶からガソリンが噴き出す様子
温められた携行缶からガソリンが噴き出す様子

 
⑤ 試験基準に適合する携行缶を使用しましょう!
 落下試験など消防法令で定められた試験に合格したガソリン携行缶には、マークが付されているので、基準に適合する携行缶を購入する際のポイントとしてください。

代表的なガソリン携行缶

代表的なガソリン携行缶

マークの例

マークの例

事故事例

事例1【屋外の催し中の事故】

屋外の花火大会で、露店用に使用していた発電機にガソリンを入れようとしたところ、、容器から噴き出したガソリンやその蒸気に引火し、火災となり死傷者が発生しました

●灯油用ポリエチレン容器の注意点
灯油を運搬・保管するために灯油用ポリエチレン缶を使う際は、次の点に注意しましょう。 ① 5年くらいを目安に交換しましょう!

 灯油用ポリエチレン缶は、紫外線などの影響により、少しずつ劣化が進みます。表面に製造年月日が表示されていますので、確認してみましょう。
灯油用ポリエチレン缶 2002年10月製造
灯油用ポリエチレン缶

 
② ガソリンを入れてはいけません!
 ガソリンは、可燃性蒸気が多く発生するため、灯油用ポリエチレン缶のように気密性の不十分な容器では漏れる危険性があります。また、灯油用ポリエチレン缶は、ガソリン自体に溜まる静電気を逃しにくく、移し替え等の際に静電気火花が発生するおそれがあり危険です。

灯油用ポリエチレン缶にガソリンは厳禁

 
③ 保管場所に注意しましょう!
 風雨にさらされたり、日光に当たったりすると、強度などの性能が低下します。保管する際は、なるべく暗く涼しい場所で雨風や直射日光が当たらないよう注意しましょう。


 
●危険物を基準量以上に使用・保管すると届出などが必要になります!
 ガソリン、灯油などを基準量以上に使用・保管する場合は、消防署への届出などが必要となります。一定量以上の危険物の使用・保管を計画する際は、最寄りの消防署にご相談ください。


【届出が必要な危険物の例】
種類 届出が必要な量
ガソリン 40リットル以上
灯油、軽油 200リットル以上


◎身の回りの危険物について
 日常生活で使用するものには、危険物の入った製品が多く存在します。特に第四類の危険物は、揮発しやすく、引火しやすい性質を利用し、様々な製品に使用されています。
 これらの製品が危険物に該当するかどうかは、容器への表示で確認することができます。危険物の容器に表示される内容の例は下表のとおりです。いずれも取扱いを誤ると事故発生の危険性が高まりますので、適切な取扱いを心掛けましょう。

身の回りの危険物の例(ガソリン、灯油、マニキュア、除光液、合成樹脂塗料、ラッカーシンナー、高濃度アルコール飲料、消毒用アルコール、アロマオイル、防水スプレー)

身の回りの危険物の例

表 危険物の容器に表示される内容

表示項目 表示例
危険物の品名 第四類第一石油類
危険等級 危険物等級II
化学名 トルエン
危険物の数量 1L
注意事項 火気厳禁

※最大容積が500mL以下ものには、 簡易的に表示される場合があります。

消毒用エタノールの表示例

消毒用エタノールの表示例

消臭剤エアゾール缶の表示例

消臭剤エアゾール缶の表示例


事故事例

事例2【手指消毒用アルコールスプレーによる事故】

ガスこんろを、消毒用アルコールを用いて清掃していたところ、誤ってアルコールをガスこんろ上に落とし、ガスこんろの火が消毒用アルコールに燃え移り、火災になりました。

♦危険物施設等における事故状況

平成29年中の危険物施設等の事故

東京消防庁管内の危険物施設等における過去5年間の事故発生件数を見ると、平成27年は91件でしたが、平成28年、平成29年と再び増加し、平成29年は107件でした。
 平成29年中の危険物施設等において発生した事故は、火災21件、流出20件及びその他の事故66件となっており、火災及びその他の事故により傷者が9名発生しました。平成28年と比較すると、事故件数は2件増加したものの、傷者は8名減少しました。(図1参照)

図1 過去5年の危険物施設等に係る事故による死傷者数

図1 過去5年の危険物施設等に係る事故による死傷者数


事故の状況を施設別にみますと、給油取扱所が71件で最も多く全体の7割近くを占め、次いで少量危険物貯蔵取扱所が12件、一般取扱所が9件、指定可燃物貯蔵取扱所が7件、運搬車両が4件、地下タンク貯蔵所が2件、移動タンク貯蔵所及び無許可施設がそれぞれ1件となっています(図2参照)。
 107件の事故を要因別にみますと、施設を破損させる等物的要因による事故が73件、誤った操作や日常の維持管理が不十分であったなど人的要因による事故が21件、その他の要因による事故が13件となっています。(図3参照)

図2 平成29年中の施設別事故発生状況

図2 平成29年中の施設別事故発生状況

図3 平成29年中の事故要因の状況

図3 平成29年中の事故要因の状況

♦危険物施設等における自主保安対策の重要性を再確認しよう

◎自主保安対策の推進
自主保安対策を実効性のあるものとするためには、施設の経営者が自主保安対策の重要性を正しく認識し、率先して取り組むこと、現場と管理部門が一体となって保安管理に当たることが重要です。また、担当者のみに任せることなく、危険物業務にかかわる全員で自主保安の重要性を再確認しましょう。 誤った操作などの人的要因による事故や設備の不良などの物的要因による事故を防止するため、次の自主保安対策を推進しましょう。

①共通事項
・適正な貯蔵及び取扱いを心掛けましょう。
・法定点検及び日常点検を推進しましょう。
② 給油取扱所
・車両の衝突等による固定給油設備、防火塀などの破損事故が増加しています。顧客に対して事故事例を引用しながら注意喚起しましょう。
・固定給油設備の近くや整備室など可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所では、火気設備を絶対に使用しないなど適切な火気管理をするとともに、静電気を有効に除去しましょう。
・セルフスタンドでは、顧客に適切な給油方法を指示するとともに、顧客の給油等の作業を適切に確認しましょう。
③ 移動タンク貯蔵所
・余裕をもった移送計画など、安全な移送について再確認しましょう。
④ 製造所・一般取扱所
・作業工程や反応工程における危険要因を把握し、講じた安全対策を作業者全員に周知し、実践しましょう。

事故を起こすキーワード

◎ガソリンスタンドにおける事故防止について
ガソリンスタンドなどでは、平成29年中に71件の事故が発生しています。そのうち、顧客の運転操作ミスなどによる事故が43件、全体の6割を占めています。
 運転操作ミスによる事故は、施設・設備の改修費用等、損害額が高額になるばかりでなく、従業員や他の利用者を巻き込むおそれもあります。ガソリンスタンドの従業員の皆様は、車両誘導を行う際に、安全な立ち位置にも配慮してください。
 また、セルフスタンドでは、顧客の様子から、給油に戸惑っていたり、不安を感じていたりといった行動が見られる場合には、声かけや固定給油設備のインターホンを利用するよう促し、正しい給油方法を説明しましょう。

平成29年中ガソリンスタンドでの事故(運転操作ミス)の内訳(速報値)

順位 運転操作ミスの内容 件数
1位 内輪差・ハンドル操作ミス 23件
2位 ペダルの操作ミス(踏み違い) 9件
3位 車両後退時の衝突 7件
4位 その他 4件


事故事例

事例4【ハンドル操作ミスによる事故】

ガソリンスタンドで給油後、運転手が左折しようとした際、車両左側に設置されていたガードポール(車両衝突防止装置)に接触し、ガードポールが破損しました。

給油取扱所での事故
給油取扱所での事故


事例5【ブレーキペダル踏み間違えによる事故】

運転手のアクセルとブレーキの踏み間違いにより車両が計量機などに衝突し、機器が破損、ガソリンや軽油が流出しました。

給油取扱所での事故



車両誘導における安全な位置の例

車両誘導における安全な位置の例



ガソリンスタンドでの顧客に対する注意喚起の一例 ガソリンスタンドでの顧客に対する注意喚起の一例



↑このページのトップへ戻る