このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ(8月号) テーマ1 地域の防災力を高めよう
  防災の日と防災週間
  防火防災訓練に参加しましょう
  訓練用防災マップについて
  「地震その時10のポイント」
  「地震に対する10の備え」
  家具類の転倒・落下・移動防止対策の推進
テーマ2 建物の安全に関する情報を確認しよう
  建物の違反情報を発信中
  違反対象物の公表制度とは
テーマ3 電気火災を防ごう
  電気火災の実態
  電気火災の出火要因別状況
  身近な家庭電気製品の火災
  リチウムイオン電池関連による火災
  トラッキング現象による火災
  コンセント、差込みプラグ等による火災
  電気火災を防ぐポイント

地域の防災力を高めよう

地域の防災力を高めよう

防災週間 8月30日(水)〜9月5日(火) 9月1日は防災の日です。

大正12年9月1日は、関東大震災が発生した日です。この地震により、関東地方を中心に人的、物的にも甚大な被害が発生しました。その後、毎年この日を「防災の日」とし、この日を中心とする「防災週間」には、全国的に防災に関する様々な行事が開催され、皆さんのご家庭や職場などのごく身近なところでも、町会・自治会等が主催する防火防災訓練などが行われます。
 近い将来に発生が予想されている首都直下地震に備え、「自らの生命は自らが守る」という「自助」の意識のもと、地震が発生したときでも適切な行動がとれるように、防火防災訓練等に積極的に参加して防災行動力を高めるとともに、身の安全を最優先とした、地震発生時の適切な行動を定着させましょう。
 また、まちぐるみで「自分たちのまちは自分たちで守る」という「共助」の意識を共有し、地域のみなさんが協力して助け合い、地震による火災などの被害を最小限にとどめるとともに、災害時に援護が必要となる方を町会、自治会、事業所などで協力して気遣うなど、地域が一体となった協力体制づくりを進め、いざというときに備えましょう。

防災の日と防災週間

9月1日を「防災の日」としたのは、大正12年のこの日に甚大な被害をもたらした関東大震災が発生したことや、台風の多い時季であることが主な理由とされています。
 広く国民に地震や台風などの災害に対する防災意識を高めてもらうため、9月1日が「防災の日」と定められました。
 全国的に統一した行事を展開するため、昭和58年5月24日に行われた中央防災会議決定で、毎年8月30日から9月5日までが「防災週間」と定められました。
 防災週間においては、国、都、区市町村、関係諸機関・団体等の緊密な連携の下で、防災に関する各種行事が全国的に実施されます。

行事一覧はこちら

防災週間8/30〜9/5

防火防災訓練に参加しましょう

 防災訓練に参加しましょう

 子育て世代や働き盛り世代の皆様は、子育てや仕事などの理由から、なかなか地域の防災訓練に参加することができないことと思います。消防署では、「いつでも・どこでも・だれでも」をスローガンに、人が多く集まるような場所や地域のイベントへの参画など、短時間で気軽に参加できる防災訓練を実施しています。ぜひ、お近くで実施している防災訓練に参加してください。

「まちかど防災訓練」を実施しましょう

 皆様の住む街区内において、町会等で所有している軽可搬消防ポンプやスタンドパイプなどの初期消火資器材や、消火栓等の消防水利を有効活用し、身近でより実践的な「まちかど防災訓練」を実施しましょう。
 特に、地震発生後、甚大な被害が予想される木造住宅密集地域及び延焼危険度の高い地域並びにそれらに隣接する地域内で連携した合同防災訓練を実施しましょう。
 東京消防庁のホームページで公開している「訓練用防災マップ」(P3参照)を使った街歩きや独自の防災マップを作成するなど、皆様が住んでいる地域の防災対策について考えてみましょう。

 「地震その時10のポイント」、「地震に対する10の備え」

東京消防庁では、過去の震災の教訓を踏まえ、地震の時に取るべき行動を「地震その時10のポイント」(P6参照)、地震の被害軽減に向けて備えるべき項目を「地震に対する10の備え」(P7参照)としてまとめています。
 「地震その時10のポイント」、「地震に対する10の備え」は、東京消防庁ホームページで確認できるほか、東京消防庁で作成しているリーフレット「地震に備える」にも掲載しておりますので活用してください。