東京消防庁  広報テーマ (04月号) テーマ1 首都東京を守る消防団に入団しよう
テーマ2 総合防災教育を実施しよう
テーマ3 新居で安全対策をしよう

テーマ 1 首都東京を守る消防団に入団しよう

消防団の歴史

消防団の生い立ちは、江戸時代の町火消にさかのぼります。

特別区内の消防団は、江戸町火消「いろは48組」、「本所・深川16組」に起源を置く、住民による消防組織です。

現在の消防団員は、仕事等を営みながら、いざ火災や水災等の災害が発生した時には消防職員とともに災害活動を行い、地域の祭りなどにおいては警戒を、地域の防災力を高めるための防災指導や応急救護指導を行うなど、日夜、都民の皆さんの安心、安全を守っています。

消防団の歴史

東京火消出初階子はしご乗之図

(消防博物館所蔵)

1875(明治8)年、消防組を一堂に集めて第1回出初式が行われました。

消防団の組織構成等

東京都内には、現在98消防団(特別区58団、多摩地区30団、島しょ地区10団)が組織され、約24,000名の消防団員と約2,200台の消防ポンプ車両等で都民の安全を守っています。(表1参照)

消防団員は、団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長及び団員の7階級で構成されています。

表1 東京の消防団の現況 (平成25年4月1日現在)
  消 防 団 数 定  員 〔名〕 現  員 〔名〕
特別区 58 16,000 14,439 【2,380】
多摩地区 30 8,867 8,207 【113】
島しょ地区 10 1,554 1,246 【39】
98 26,421 23,892 【2,532】
※ 【 】内は女性消防団員数を表します。

消防団の主な活動内容

消防団は、大規模な火災や地震・洪水などの大災害発生時に、地域の防災リーダーとして大きな活躍が期待されています。

表2及び表3は、特別区(23区)消防団の主な内容を表しています。

表2 特別区消防団の活動内容
災害時の活動 火  災  時  1 逃げ遅れ者等の情報収集
 2 救出、救護活動
 3 消火活動
 4 現場の消防警戒区域の設定
水  災  時  1 被害状況等の情報収集、監視警戒
 2 水防活動(土のうによる越水の防止等)
 3 地域住民の避難誘導等
震  災  時  1 地震の被害や逃げ遅れ者等の情報収集
 2 可搬ポンプ積載車等を活用した火災の消火
 3 住民の避難誘導や応急救護等
 4 消防署隊の応援活動
災害時以外の活動 防 災 指 導
応急救護指導
 1 地域住民に対する防災指導(出火防止、初期消火等)
 2 市民消火隊、自主防災組織等に対する消火活動技術の指導
 3 救命講習における指導
予 防 警 戒  1 年末年始消防特別警戒
 2 各種催物等に伴う消防特別警戒
教 育 訓 練  1 消火活動、応急救護活動等、各種災害活動技術の訓練
 2 防災指導技術の訓練
 3 礼式等の規律訓練
機械器具の整備  可搬ポンプ等、消防団保有資機材の点検整備
表3 特別区消防団の行事内容
実施月 行 事 内 容 実施月 行 事 内 容
1月 東京消防出初式への参加 9月 総合防災訓練
1月 消防団始式・Tokyo消防団の日 9・10月 消防団点検
2月 消防団員意見発表会 10月 震災訓練
5月 水防訓練 10月 東京都消防操法大会
5・6月 消防操法大会 11月 全国消防操法大会(会場 東京)
7・8月 祭礼、花火等の警戒 12月 年末特別警戒

<消防団の主な施設と装備>

分団本部施設
分団本部施設
ア 分団本部施設の整備

消防団の災害活動拠点及び平常時における消防団員の教育訓練や、地域住民等に指導する場所として分団本部施設を整備しています。施設の内部は、資機材等を置く格納庫と、会議等を行う待機室で構成されています。

可搬ポンプ積載車
可搬ポンプ積載車
イ 可搬ポンプ積載車の整備

消防団の災害時における出場の迅速性、機動力の向上及び消防団員の労力軽減を図るため、可搬ポンプ積載車を整備しています。

災害出場のほか、警戒等での巡回広報や消防団募集広報活動等、幅広い用途で活用しています。

<消防団の活動事例>

消防団は、火災等の災害活動のほか、祭りの警戒活動や住民への防災指導等を行っています。

災害活動
災害活動

この火災は、住宅など8棟455㎡を焼損した建物火災です。この火災に上野消防団員38名が出場しました。

可搬ポンプ積載車等で出場し消火活動のほか、消防隊と連携し、消防隊の活動支援及び焼損建物に溜まった水の排水作業を行いました。

予防警戒活動
予防警戒活動

災害の発生を未然に防止するため、年末年始や祭礼、各種催物などの開催に伴う消防特別警戒を実施したり、消防隊と連携した訓練等を実施しています。

写真は、文化財防火デーでの演習会場で、一斉放水よる消火訓練を行っている渋谷消防団員の様子です。

防火防災指導
総合防災教育
防火防災指導・総合防災教育

地域の防災リーダーとして、地域住民に対して初期消火・応急救護指導等を実施し、地域住民の防災行動力(自助力)の向上を図っています。また、児童等への総合防災教育として、主に小・中学生に対して地域を守る消防団の紹介や防災指導等を実施しています。

写真は、小学生に対し、救命入門コースを指導する日本橋消防団員の様子です。

特別区の消防団協力事業所表示制度

消防団協力事業所表示証

特別区の消防団協力事業所表示制度は、複数の従業員を消防団員として入団させている事業所や、特別区の消防団の訓練場所、分団施設用地を提供している事業所など、特別区内の消防団に積極的に協力している事業所等に対して、消防団協力事業所表示証を交付しています。

(平成26年1月1日現在、386事業所)

特別区の消防団協力事業所表示制度についての情報は、東京消防庁ホームページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp)「トップ」→「消防団員(23区内)」→「東京23区の消防団のページへ」→「協力事業所表示制度のページ」に掲載されています。

あなたの力を求めています!

消防団は火災などの災害活動をはじめ、応急救護の普及活動や災害を未然に防ぐための啓発活動など幅広い活動を行っています。男女を問わず様々な職業や年齢層の方々が、「自分たちの町は自分たちで守る」という精神のもと、地域に密着した活動を展開しています。特別区の消防団では、町会・自治会のみなさまの協力を得て、地域のイベントなどの機会に広く消防団員を募集しています。
4月は新入学、新社会人の季節、新しい事にチャレンジしてみませんか!

入団後の待遇

消防団員は、特別職の地方公務員として処遇されます。

入団後の待遇

消防団員募集ポスター
消防団員募集ポスター
いま、消防団はあなたの力を必要としています。
特別な資格は必要ありません。

消防団への入団条件は・・・

 1 年齢18歳以上の方
 2 心身ともに健康な方
 3 消防団の区域内に居住するか、又は勤務している方